立川でバイトをする人も知りたい地元の気候

立川でバイトをする人も知りたい地元の気候

立川市は東京西部の多摩川左岸にある都市です。市域は多摩川沿いにある低地のほかは、大部分が武蔵野台地の上にあります。地元でバイトをする人が特に気になるのは気候です。この地域は、太平洋側の気象条件が反映される地域です。

夏の季節は高温で湿度が高い日が長続きするのが特徴です。梅雨の季節もしっかりとあります。

蒸し暑い夏とは違って冬の季節は、乾燥した晴天が長続きします。冬の季節は、乾燥注意報が発令されることも多くなる地域です。

夏の暑さが厳しいのは、海から離れた内陸に位置しているためです。夏の暑いときには、涼を求めて多摩川へ遊びに行く人も少なくありません。市内の中心部は暑くても、多摩川沿いへ行けば川から吹いてくる涼しい風のおかげで気分も爽快になります。

冬の寒い季節が長続きしても春は必ず訪れます。市内各所にある公園では、3月下旬ごろに桜の花が満開になります。秋には昭和記念公園などで見事な紅葉を楽しめます。市内の名所で四季折々の気象変化を楽しむことができるのも魅力的です。